送信メールを常時モニタリング

お問い合わせ 資料ダウンロード

製品概要

マトリックスインサイト送信メール
モニタリングシステム

マトリックスインサイトは、企業から流出する不適切なメールを検知する送信メールモニタリングシステムです。

Emailセキュリティー製品において国内市場シェアNo.1を誇るアイマトリックス独自技術と最先端AI/ディープラーニング技術の融合により、社内の送信メールを常時モニタリング。内部不正、人的ミス、ボット潜伏による踏み台被害などの異常を検知します。

送信メールからの情報漏洩だけでなく、社内コンプライアンス違反などの早期発見に有効です。検知されたメールはリアルタイムに抽出され、「いつ」「誰が」「どのような」メールを送信したのか高度なレポート機能により簡単に確認できます。

これまで対策が困難だった送信メールモニタリングという次世代のセキュリティ―ソリューションを提供します。

AI・Deep Learning

KizAssyプラットフォーム

マトリックスインサイト送信メールモニタリングシステムは、最先端の「KizAssy」AI/ディープラーニング技術を利用し、送信されるすべてのメールに対して解析を行い学習します。独自のディープラーニング技術により正常なメールの判別が可能となり、内部ミス・不正をはじめ、インサイダーによるデータ流出など、企業の情報資産を脅かす可能性のあるメールをいち早く把握し、潜在的なリスクを露呈させます。

長年のシステム開発で培ってきた確かな技術を活用し、効率よく企業を内側から支える、質の高いメールモニタリングサービスを提供します。

アウトバウンドセキュリティー

アウトバウンドセキュリティー

特長

可視化(レポート機能)

送信されたメールに異常を検知した際は、インシデント情報を管理者へ通知。

直観的なインターフェイスと高度なレポート機能の連携により、検知メールを必要に応じて簡単に検索できるだけでなく、ユーザー別、グループ別などの多様な切り口で集計・グラフ化が可能です。

検知メールの多い個人や部署などは、検知メール増加の原因を確認し、情報漏洩などのリスクがないか社内の情報セキュリティ状況を迅速に把握することができます。

誤送信防止

①添付ファイル暗号化
煩雑なファイル暗号化作業とパスワード送信を自動化することで、情報漏洩リスクを軽減。
②送信メール一時保留
送信したメールを一定時間マトリックスインサイト内に溜めておくことで、設定時間内であれば送信取り消しを行うことが可能。
③上長承認
上長(第三者)が送信メールの確認を行うことで、誤送信や情報漏洩につながるメール送信をストップ。 上長が出張などで承認ができない場合には、あらかじめ権限の委譲を行うことが可能。

次世代型AIアンチマルウェア

独自開発のAIアンチマルウェアは、脅威対策を更なるステージへ導きます。

ニューラルネットワーク構造を有するディープラーニング技術を活用し、世界中のあらゆるマルウェアを常時収集し、分析・学習。従来のアンチウィルス製品では検知できなかった標的型攻撃、ランサムウェアをはじめとする未知の脅威にも対応します。

添付ファイルの暗号化 送信メール一時保留 上長承認

構成例

インライン透過型

クライアントや他のネットワーク機器に関して、透過的に利用

リレーMTA型

MX配送と静的配送が可能なスマートホストとして動作

マルチユニット:同期構成/共有構成

複数の機器のポリシー等を同期及び共有





お客様のニーズに合わせて多様な構成でのご利用が可能です。

例)インライン透過型

お問い合わせ 資料ダウンロード